現代の産業用能力と通信技術は、ベンダーがクライアントに「必要な時に必要な物を必要な数量」で提供することを可能にします。ベンダーとクライアントの双方がWin-Winで。

ここでのベンダーとは、生産や販売を継続するために、必要とするアイテムを定期的に供給する製造業者、または納入業者のことを指します。製品の入れ替わりが早い時代において、製造販売業者(クライアント)が製造・販売の機会損失を避けながら、余分な材料や部品在庫を抑えることは重要な課題です。現在の通信技術が実現したVMI (Vendor-managed inventory ベンダー管理在庫)は、在庫問題をベンダーとクライアントの双方がWin-Winで解決することを可能にします!

VMI(Vendor-managed inventory)
ベンダー管理在庫とは?

VMIは、クライアントを在庫管理から解放する手法です。クライアント(製造企業)は、生産を停止せざるを得ない事態を招かぬように必要な資材の在庫を監視し、適切にベンダーへ発注をしなければなりません。これは保管スペースや人的リソースの観点で、クライアントにとって大きなコストとなってきました。

VMIでは、クライアントが生産を継続できるように、ベンダーがアイテムの在庫数を管理し、クライアントの指定場所へ時間通りに適切な量を配送します。

ベンダー管理在庫の利点

VMIでは、ベンダーが生産現場の在庫状況をIT技術によってリアルタイムで監視し、必要なアイテムを供給します。情報はクライアントと共有されています。プログラムが適切に実行されるなら、クライアントの生産・運用コストは削減され、在庫管理から解放された人材を適材適所に配置でき、職場の効率も向上します。こうしてクライアントは製品の品質と価格競争力を同時に高めることができます。

ベンダーは最新のテクノロジーによって収集されたビッグデータと、生産計画等のクライアントが提供する情報を用いて、将来のニーズを予測します。ベンダーは生産・納入計画を柔軟に選択・実行することでクライアントの期待に応えます。

生産ニーズが時間とともに変化し続けるなか、クライアントはベンダーパートナーに、ニーズの変動や、予算を報告できます。クライアントの生産ニーズに合わせ、ベンダーは自社のエンジニアリングの範囲で製造できるか、もしくは理想の資材を見つけ、調達するかを決め、クライアントに提供します。

確保した資材で、クライアントは更に優れた製品を、競争価格で製造することができます。こうして、生産プロセスが定期的に改善されていきます。

VMI成功のカギ

注意点もあります。

VMIの成功にはベンダーとクライアントとのリアルタイムな情報共有が必須です。そして通信を含めたシステムの構築には膨大なコストがかかる場合があります。また、ベンダーには単にクライアントから提供された在庫量を把握するだけでなく、データ管理やその運用に関する専門的な知識や経験が求められます。ここが弱いと、クライアントとベンダー双方の目的を達成することは不可能です。

データ運用のノウハウを持った初期投資を抑える有能なベンダーと組むこと、これがVMIプログラムからの最大の利益を得るためのカギと言えます。

Bossard の提案 Smart Factory Logistics
(スマートファクトリーロジスティクス)

BossardにはVMI成功のカギを握るベンダーとしての経験とノウハウがあります。

Bossard独自の Smart Factory Logistics システムとソリューションを使用すると、VMI のこれらの利点を体験し、工場内でリーン生産方式を実現できます。

SmartBin CloudSmartLabel Cloud などのシステムを使用することで、在庫をリアルタイムで自動的に管理し、必要なときに必要なアイテムを確実に入手できます。

さらに、Bossard は、供給体制を最適化し、より効率的なサプライチェーンを構築するアシストを行えます。

BossardのARIMS管理システムを活用すれば、在庫レベルとモノの流れを即座に確認できます。そしてARIMSモバイルアプリで、工場の現場からその情報に直接アクセスできます。

スマートファクトリーロジスティクスの詳細については、こちらからお問い合わせ下さい。

始めませんか、私たちBossardと、VMI。