金型部品・空圧機器部品・FA関連部品製造業

”多品種の在庫管理であっても、
 人手と時間をかける必要が無くなり、
  更に人為的ミスの削減も実現できました。”

スマートビン導入担当

課題

多品種少量生産、更に短納期を実現する為には、製品部品も多数在庫し、管理する事が求められます。「箱が空になれば注文する」という “箱カンバン方式”を採っていましたが、注文書発行に必要な工数と、その際に生じる人為的ミスを無くしたいと考えていました。

ボサードからの改善提案

箱を重量センサーに置き換え、在庫管理と発注の自動化をご提案しました。スマートビンなら、事前に定めた発注点を在庫数量が下回れば自動的に発注がかかるので、管理工数も発注ミスも生じません。

導入メリット

在庫が少なくなれば自動的に商品が発注され納品されるので、部材の管理工数を大幅に削減することが出来ました。人為的なミスの削減は、納期遅延率が改善されるという結果にも繋がりました。

感想

常時在庫しなければならない締結部品だけでも数百種類あり、その中には製造に数カ月かかる特殊品も含まれています。それらすべての在庫量を適正に保つことは手間のかかる作業です。しかし、スマートビンに在庫管理と発注を任せる事によって、工数を削減しつつ管理精度を向上させることもできました。

現場の風景


カテゴリー: スマート事例