多くの点で標準化が第4次産業革命の進展を拡げ、世界中の生活が大幅に向上しました。
部品や製造工程を統一することで、商業製品の効率的な製造が可能になります。
また、サプライチェーンの自動化も可能となり、必要なパーツを最適な数量で維持できるようになりました。そのため、生産の継続性が保証されることを実現します。
サプライチェーンを合理化することで、在庫管理から発注、納品までの無駄をなくして、お客様のトータルコストの削減に貢献します。

スマートビンクラウドシステムの仕組み

Internet of Things(IoT)とはWIFI、Bluetooth、携帯電話、その他「クラウドベース」のテクノロジーを通じて互いにデータを共有する仕組みを指します。ますます多くの人々、組織、さらにコンピューター化した設備機器がオンライン化するにつれ、DX(デジタルトランスフォーメーション)が飛躍的に成長し、リアルタイムなデータの共有が可能になります。このデータ共有により、スマートビンクラウドが「在庫管理」を変えていきます

製造工程で使用されている、規格化されたねじやその他アイテムを含めた資材はあらゆる点で統一されています。同じ形状、サイズ、そして構成と重量で成り立ちます。その情報を利用することでスマートビンクラウドが、正確に在庫量を読み取ることができます。重量センサーがピッキングの振動を感知し、在庫情報がリアルタイムで更新されます。予め定めた在庫量に達すると自動で発注を行います。電子ラベルは、商品情報や注文状況など関連する情報が表示されるので、使用場所でも状況を確認することができます。

産業用IoT(IIoT)システム 
スマートビンクラウドのアドバンテージ

スマートビンクラウドを使うと、在庫が少なすぎたり、増えすぎたりといったことは決して起こりません。システムは常に在庫量をモニタリングしているため、ねじやその他のパーツがどれくらいボックスの中にあるのか、把握できます。スマートビンクラウドは二重発注や欠品防止だけではなく、余剰在庫、不動在庫などの発見もお手伝いします。

リアルタイムな在庫管理ソリューション

IoTテクノロジーによる、リアルタイム在庫管理によって、必要なパーツは自動で発注がかけられ、不足や欠品がなくなります。そのため、ご担当者様は付加価値の高い仕事に時間を割いて頂けます。在庫を追跡して数量はどれくらいで発注するのが良いか、納期はいつにするかなどを考え、発注をするという手間をスマートビンクラウドが自動的かつ高い精度で代行します。必要とするパーツは、必要となる前に必ず確保できます。

スマートビンクラウドに興味があり、どのように製造現場を改革し、トータルコスト(TCO)を下げるかという詳細について、更に理解を深めたい方は、下記のリンクからお問い合わせください。SFLチームがご提案させて頂きます。

お問い合わせフォームへ